フィンジアは医薬部外品ではない!?

フィンジアは医薬部外品ではない!?

 

キャピキシル、ピディオキシジル、カプサイシンなど皮膚や髪に働きかける成分が配合されたフィンジアは扱いとしては化粧品になるのは間違いありません。

 

それにより、実際に薄毛にどんな感じで効果があるのか、というような表現はしにくいのです。

 

フィンジアが注目を集めている一つの要因は「ゲートアクセス理論」とう独自の理論。

 

カプサイシンという唐辛子に含まれる成分、キャピシルやピディオキシジルといった髪に働きかける成分が配合されています。

 

唐辛子を食べると汗が噴き出しますよね。

 

その状態でキャピシルやピディオキシジルが頭皮や毛髪にアプローチする。

 

これが「ゲートアクセス理論」なんです!

 

今お話ししたように、フィンジアは独自の理論の元成分を配合しています。

 

頭皮や髪へのアプローチを助けるために、カプサイシンが配合されているものも、フィンジアだけなんですよ!

 

加えて、フィンジアには10種の育毛成分が配合されていて、頭皮や毛髪に真剣に向き合って作られているんです。

 

こうした事も、フィンジアのチャームポイントの一つかもしれませんね。

 

 

 

 

page top