するるのおめぐ実にメリロートは入ってるの?

 

どれだけむくみに効くからって、肝機能障害になったら大変ですよね。

 

そんなのになるんだったら、むくんでた方がいいよって感じですね。

 

って、あわてて成分表再確認しちゃいました。

 

するるのおめぐ実にメリロートは配合されていませんでした。

 

ホッとひと安心。

 

外国のサプリは法律で厳しく規制されているけど、日本のはそれがないと言われます。

 

規制がなくても、副作用が発生したら配合量を見直すとかって、できないのでしょうか。

 

するるのおめぐ実の主成分は植物から抽出されているもので、特に副作用の報告もありません。

 

少し気になるので、自分で飲んでいるものが何から作られているのか調べてみました。

 

赤ぶどう葉の果実は中まで赤いぶどうで、その見た目も赤いものです。

 

赤い色素はポリフェノールが多く含まれている証拠らしく、赤ぶどう葉のポリフェノールは赤ワインの300倍もあるそうなんです。

 

外国では医薬品としても用いられる西洋ハーブですが、日本でも医薬品であるむくみ改善薬に用いられています。

 

それほど効能が確かなものなんですね。

 

豊富なポリフェノールが血流を促進して、むくみ改善に役立ちます。

 

めぐりを良くする「カルコン」を含む「明日葉」

 

明日葉はビタミン・ミネラルが豊富な万能野菜です。

 

普通に野菜としても食べられているもので、危険性はありません。

 

明日葉にはカリウムが多く含まれています。

 

そして、明日葉にはカルコンという成分も含まれていて、それが様々な効能を持ちます。

 

老化につながる糖化を抑制したり、脂肪細胞や血液、リンパ液の流れに働きかける作用があって、むくみの改善にもつながります。

 

トウモロコシのひげは、トウモロコシを買った時に付いている先っぽの絹糸のようなものです。

 

最初に捨ててましたね。

 

でも、その効能は抜群。

 

老化を防止する糖化を抑制したり、カリウムも豊富です。

 

利尿作用がかなりあるので、トイレが近くなったら「効いてきたな!」と思ってね。

 

ひげは、お茶にしたリ、焼いて食べている人もいるとか。

 

細かくしてご飯に入れて炊くというレシピがあって、それを試したらおいしく食べられました。

 

植物性の乳酸菌が入っていて、お通じが良くなります。

 

腸内環境を良くする事は美容のために重要。

 

いつも快調でいたいですよね。

 

するるのおめぐ実には、錠剤に成型するために、必要最小限の添加物を使っています。

 

いつくもの成分を固めるには絶対に必要なもの。

 

それらが、どのような物質なのかも調べました。

 

【デキストリン】

 

デキストリンは食物繊維の一種で、消化されてエネルギーに変わるんだとか。

 

多くの食品やサプリに使われていて、安全なものと言われています。

 

【アラビアガム】

 

植物から取れる樹脂で、水溶性の食物繊維。

 

おやつやアイスクリームの安定剤、乳化剤に使われています。

 

こちらも安全とされています。

 

【クリスタルセルロース】

 

こちらも植物性の食物繊維です。

 

糖質の一種だけど、消化吸収されません。

 

危険性はないとされています。

 

【ステアリン酸カルシウム】

 

いくつかの成分をまとめて固める役割をします。

 

サプリではよく使われていて、使用量もごくわずか。

 

こちらも安全と言われていますね。