フィンジアとリアップの比較

フィンジアとリアップの比較

 

フィンジアの浸透力

 

フィンジアはカプサイシンを混合した「ゲートアクセス理論」もの育毛剤の浸透力をUPするアイデアが構築してあります。

 

しかし、そのゲートアクセス理論として半信半疑で「育毛剤をどれだけ浸透させるのか未知数」になります。

 

そうは言っても育毛剤の浸透力をUPする創意工夫は評価できるはずですし、実際に使用してみるとピリッとした実感があるので、毛穴が開いているような感じはしてます。

 

リアップX5の浸透力

 

フィンジアと比較してリアップX5は、有効成分の浸透力をUPする創意工夫がされていません。

 

有効成分が全然浸透しない何てことはないと思われますが、浸透力ではリアップX5よりはフィンジアのほうが抜群ですね。

 

※ミノキシジルは浸透力が高くない有効成分とされ、ミノキシジル濃度の1〜20%位しか有効成分は吸収されないといわれてます。

 

その点も考えて、浸透力をUPする創意工夫が行われていないリアップX5よりもフィンジアのほうが確かであるという事です。

 

副作用は?

 

薄毛改善ををターゲットにして育毛剤を使用するからには、使用しても副作用がほとんどなく「体への負担を少なくしたものが嬉しい」ですよね。

 

その辺、リアップX5は、ミノキシジルを配合した第1類医薬品ですから、必然的に副作用の可能性がつきまといます。

 

リアップX5(ミノキシジル)の副作用

 

  • 頭皮の湿疹
  • 頭皮の炎症・荒れ
  • 接触性皮膚炎
  • 脂漏性皮膚炎
  • 多毛症
  • 血圧の低下

 

こちらの中でも一際目立つのが、頭皮の湿疹や炎症・荒れです。

 

リアップX5を使って頭皮に異変が起きたら、すぐリアップX5の使用を中止してください。

 

フィンジアの副作用の可能性は、頭皮の炎症や湿疹・かゆみなどです。

 

実際にフィンジアを使ってみるまで、心配でしたが、2か月以上使用してもOKなので、リアップX5よりは安全であるという事です。

 

 

page top