フィンジアフィナステリドとの併用について

フィンジアフィナステリドとの併用について

 

薄毛防止にフィンジアを使用するのもいいのですが、すでに薄毛が進行していて、それを抑えたいという場合は、フィナステリドと併用するとより効果的です。

 

個人的には、この取り合わせは圧倒的強さなんじゃないかと思ってるんですよね。

 

フィナステリドといえば、有名なのがプロペシアですよね。

 

病院でも処方してもらえますし、ネット通信販売でも輸入代理を使用すれば簡単に手に入ります。

 

もっと安いのだと、フィンペシアやエフペシアなど、格安のジェネリック医薬品なんかでもOKです。

 

フィナステリドの抜け毛防止効果!

 

すでに薄毛が進行していて、例を挙げると一日に抜け毛の量が多いという方は、このフィナステリドはかなり有効です。

 

抜け毛の量は一日100本以内なら健康体と言われていますが、AGA(男性型脱毛症)が進行している場合は、一日200本も400本も抜ける人もいろいろいます。

 

一日の抜け毛量を数えるのが確実ですが、簡単な目安としては、朝起きた時に枕に抜け毛がついていないか?お風呂に入ったあと排水溝の抜け毛の量はどれほどか?このあたりがわかりやすいかと思います。

 

フィナステリドには、薄毛の原因であるDHTを生成している、男性ホルモン(テストステロン)と還元酵素(5αリダクターゼ)のうち、還元酵素の方を阻害する働きがあります。

 

つまり、男性ホルモンと組み合わせする量を極端に減らす事ができるので、結果的にDHTの生成が抑えられるというわけですね。

 

DHTが減少すると、自然と抜け毛の量も減少します。

 

つまり、フィンジアを併用する事で、フィナステリドで抜け毛を防止しながら、フィンジアで発毛育毛を促進でいるというわけです。

 

いわば、フィナステリドが守り、フィンジアが攻めという形ですね。

 

この2つがあればフィンジア単体で使用するよりも早めに変化は出てくると思います。

 

 

 

 

page top