フィンジアとチャップアップの比較

フィンジアとチャップアップの比較

 

効果を感じているのはどっち?

 

チャップアップです。

 

というのも、2年以上チャップアップを使っているので、その効果は確かなもの。

 

フィンジアはまだ数ヶ月しか使っていないので、効果を実感するにはまだ早いかなと。

 

あと、チャップアップとフィンジアを併用しているので、フィンジアの効果を測定しにくいのもあります。

 

ただ、フィンジアを使いはじめてから、頭皮はやわらかくなってきています。

 

SPE技術とやらがそうさせているのか!?

 

実体験で判断すると、チャップアップの方が自信をもっておすすめできる感じ。

 

成分がすごいのはどっち?

 

フィンジアです。

 

これは比較するものかわかりません。

 

チャップアップは医薬部外品。

 

それに対し、フィンジアは化粧品です。

 

キャピキシルは化粧品にしか、配合できないのです。

 

医薬部外品としては、まだ厚生労働省の認可がおりていません。

 

化粧品より医薬部外品の方が上の印象がありますよね?

 

でも、認可の問題であって、キャピキシルやピディオキシジルは外国の実験で育毛効果は認められています。

 

単純に、チャップアップの主成分「M-034」はリアップなどに配合される成分と同じパワー。

 

それに対し、キャピキシルは3倍のパワーと言われています。

 

フィンジアはそれにプラスして、ピディオキシジルが配合されているので、成分の強力性でいえば、フィンジアに軍配はあがりますね。

 

ただ、育毛剤は配合バランスが大事だし、目的に合ったモノを選ぶのが大事!

 

血流を大きくアップさせて、育毛パワーを求めるならフィンジア。

 

それ以外の要因、例を挙げるとAGA(抜け毛)対策、糖化(アンチエイジング)対策、頭皮環境(皮脂分泌)の改善を求めるならチャップアップ。

 

チャップアップのオールマイティーさは逸脱ですから。

 

そのような感じで、目的に合わせて選ぶのがポイント!

 

薄毛の原因が分からないなら、チャップアップになります。

 

完全に納得出来ないなら、私みたいに双方使用するとか。

 

 

page top