フィンジアは生え際に効果あるの?

フィンジアは生え際に効果あるの?

 

M字ハゲを改善できると話題のフィンジア。

 

売り上げが伸びて品薄状態になり、公式サイトに一時期予約販売のみの対応になるとの通告が掲載されるほど。

 

フィンジアを販売する株式会社ユーピーエスは、M字ハゲ専門を全面に打ち出したプランテルと同じ販売会社です。

 

そのような事情もあって、フィンジアのM字ハゲへの対応力が関心を集めています。

 

フィンジアの実力は、プランテルにも引けを取らないとも言われます。

 

その根拠となる成分や効能について、突き詰めて見ていきましょう。

 

M字ハゲに効くというフィンジアの働きは?

 

M字ハゲはAGAの代表的な症状。

 

AGAは男性の薄毛の80%を占め、フィンジアはこのAGAの改善に有効な成分と、頭皮環境、血流の改善から毛の成長を促す成分を含みます。

 

フィンジアは、AGA対策に特に意識を定めた育毛剤です。

 

つまりはM字ハゲにも有効な育毛成分を含みます。

 

フィンジアがM字ハゲ改善に取り組むために含む成分は、どのように働くか。

 

徹底的にみていきましょう!

 

キャピキシルがM字ハゲ改善に働く!

 

フィンジアはAGAの改善、ひいてはM字ハゲの改善と育毛環境の改善が併せて見込める育毛剤です。

 

最初に、有効成分のキャピキシルは、どのような働きをするの?

 

働きその1:脱毛を防止する

 

フィンジアの看板成分の一つ、キャピキシルはアカツメクサ花エキスと、アセチルテトラペプチド-3から構成されます。

 

このうちアカツメクサ花エキスは、5αリダクターゼという酵素の働きを抑えます。

 

エキス中のビオカニンAによる働きです。

 

この作用でAGAの抜け毛の原因になるジヒドロテストステロン(DHT)の生成が抑えられ、脱毛を防止する効果が望めます。

 

植物由来の抽出エキスが基本なので、医薬品成分であるミノキシジルのような副作用の可能性や使用する人への限度もありません。

 

効果はミノキシジルの3倍と、驚くような試験結果が報告されています。

 

働きその2:頭皮を修復する

 

アセチルテトラペプチド3は注目すべきもう一つの成分。

 

グロースファクター(成長因子)と呼ばれる細胞修復作用を持ちます。

 

ヤケドや重度の外傷も修復させるほどの強い作用です。

 

炎症などで痛んだ頭皮を健全な状態に修復し、毛根をしっかりと支えます。

 

他にも弱っていた毛を維持したり、成長させる力を回復させ、毛が抜け落ちるのを防ぎます。

 

働きその3:毛母細胞を活発にする

 

アセチルテトラペプチド3の細胞修復作用で、毛の根元にある毛母細胞の働きを向上・活発化します。

 

毛母細胞は毛のもとになる細胞で、細胞分裂する事で毛を成長させます。

 

AGAの人は、この働きが弱いため、毛が十分成長せず細く短いまま抜け、薄毛になっています。

 

アセチルテトラペプチド3が、この毛母細胞を活発化させる事で、毛の生成や成長が促進されます。

 

働きその4:ヒオウギエキスが相乗効果で働く

 

ヒオウギエキスは、ヒオウギと呼ばれる植物の根から抽出されたエキスの事。

 

育毛剤の多くがこの成分を含みます。

 

AGAの原因になる抜け毛を抑える効果が期待される成分です。

 

フィンジアの有効成分ヒオウギエキスは、イソフラボン誘導体を高濃度で豊富に含み、頭皮の5αリダクターゼに働きかけてDHTの生成を抑えます。

 

キャピキシルと同じ作用で、相乗効果で脱毛を強力に防ぐ効果が期待できます。

 

その上、このイソフラボンには、女性ホルモンのような働きがあります。

 

ヒアルロン酸とかコラーゲンの働きを促して頭皮の状況を整え、毛母細胞が活発に働くように活性化するのを助けます。

 

働きその5:唐辛子のカプサイシンが熱く働く

 

フィンジアがM字ハゲに効果的な働きをするカプサイシン。

 

唐辛子の辛み成分で、毛穴を開かせ、周辺の血行をよくして温める働きがあります。

 

カプサイシンは体全体の代謝をよくして、頭皮も含む全身の血流を改善します。

 

肥満・高血圧改善をはじめ毛母細胞の活性化も期待できます。

 

ただ、外用のフィンジアでは、そこまでの効果は望めないので、サプリなどでの摂取がおすすめです。

 

働きその6:成分を毛穴の奥まで浸透させる毛穴が開くと、皮膚表面の育毛成分が皮膚の奥にある毛根にまで届き、周囲に行き渡りやすくなります。

 

M字ハゲの人は年齢のせいもあり、額周辺の頭皮が硬くなっていて、成分が浸透しにくい状態です。

 

カプサイシンは、この硬くなった頭皮からも有効成分を浸透させる働きが期待できるので、フィンジアのM字ハゲ改善効果に大きな役割を果たしています。

 

働きその7:頭皮の血行をよくする

 

カプサイシンが頭皮の血液の流れをよくする事で、毛母細胞の活動が活発になり、毛の成長が促されます。

 

アセチルテトラペプチド3との相乗効果という事になり、より高く強化された育毛効果が期待できます。

 

こんなM字ハゲの人にはフィンジアが最適です

 

フィンジアがM字ハゲに効果的な事はお分かりいただけたと思います。

 

そのM字ハゲの中でも、絶対的にフィンジアを使っていただきたい人がいます!例を挙げると次のような人。

 

他の育毛剤がダメだった人

 

フィンジアは、本当は育毛剤ではなく、化粧品に分類されるスカルプエッセンス。

 

育毛剤では、医薬部外品の分類です。

 

フィンジアの成分キャピキシキルとピディオキシジルは、育毛剤としては使えないのです。

 

この注目成分、旧来の育毛剤を使っていた人は未経験のはず!

 

フィンジアには育毛剤成分の何倍もの効果が期待できる成分を含みます。

 

育毛剤で効果がなかったM字ハゲの人は、ぜひともフィンジアを使ってみてください。

 

 

page top