フィンジアは女性に効果あるの!?

フィンジアは女性に効果あるの!?

 

女性の抜け毛は何故起こるのでしょうか。

 

実際、男性ホルモンが原因の一つとして挙げられます。

 

女性の体にも少しだけ男性ホルモンがあり、これが抜け毛や薄毛の原因になります。

 

女性ホルモンは髪を守る性質もあるので、男性ホルモンがあっても問題ありません。

 

ただし、更年期やストレスなどで女性ホルモンがバランスを崩すと、男性ホルモンが優位になり、髪に悪さをしはじめます。

 

大豆にたくさん含まれている事で有名なイソフラボン類は、体内で女性ホルモンのように働きます。

 

実際、イソフラボンは植物が生み出した毒。

 

女性ホルモンを食べさせる事で草食獣の雄をメス化させて生殖力を下げ、過剰に殖えるのを抑えるためにあります。

 

自分は食べられても、種の保存のために植物は戦っているんですね。

 

ところで、男性が豆腐や納豆を適量食べても全然問題ありません。

 

草食獣くらいに毎日毎日数多くの量の草を食べ続けて、初めて悪影響が出はじめるものなので、ドカ食いしなければ、むしろ体に良いものです。

 

植物の武器であるイソフラボン類は、女性にとっては味方でうれしい効果がいっぱい。

 

女性ホルモンを増やし、崩れたホルモンバランスを改善します。

 

その結果、抜け毛や薄毛を防ぐ効果が期待できます。

 

大豆イソフラボンが有名ですが、フィンジアに配合されるヒオウギとアカツメクサ(赤クローバー)にもイソフラボン類がたくさん含まれています。

 

フィンジアは、この二つの成分を含む化粧品です。

 

特にヒオウギはアグリコン型という特殊なイソフラボンを持っています。

 

アグリコン型は、より女性ホルモンに近い作りになっているため、素早く人体に吸収。

 

他のイソフラボン類に比較してもわりと早く作用します。

 

加えて、ヒオウギエキスには、あの抜け毛を促す酵素「5αリダクターゼ」の生成を障害する働きが。

 

これは、あのAGA(男性型脱毛症)の薬と同じ作用です。

 

天然成分のヒオウギに、こんな作用があるなんて驚きですね。

 

アカツメクサのイソフラボン類も、ヒオウギと同じく女性ホルモンのバランスを整える作用があります。

 

page top